突然ですが。
8/31をもって全ての更新を終了しました。
今までありがとうございました!
アンケートにご協力いただいたみなさまありがとうございました。アドレスの記載があった方には全てお返事を差し上げました。本当にありがとうございました。色々と参考になりました。
遅くなりましたがお星さまをポチっとしていただけたのも嬉しかったです。ありがとうございました。

読了(098/100)

波打ち際の蛍

波打ち際の蛍

恋愛モノって基本的に苦手だけど島本さんのはなぜか読めるんだよなあ。これもきっと島本さんじゃなきゃうへぇ〜ってなってた部類に入る題材なんだけど大丈夫でした。

テレビつけてたらじゅんじゅんが家族の洋服コーディネイトするとかなんとかそんな事をしてた。くまちゃんTシャツがちょーかわいい。息子くんがめっちゃイケメンに変身してたんだけど!髪型と服装ってホントに大事なんだね!!

テルくんのいいともはたいへん楽しく見させていただきました。メンバーそれぞれから小さい花がひっそりと揃えて飾ってあるのとかちょおおおおもえたね。花を贈ってくれてる方々の面々もそりゃ豪華な人たちばかりでさすがだなあ。よく一緒に飲みに行ったって聞くんだよーと言われてたけど幅広そう。たもさんまたジロウちゃんって呼んでたけど以前エムステで呼び方の話してなかった?

読了(097/100)

ミッキーマウスの憂鬱

ミッキーマウスの憂鬱

ディズニーに相当思い入れがある人は読んじゃダメだろうなと思う作品。ここに描かれてる内容がどこまで真実かがわからないけどそれでも夢が壊れるかもしれないようなバックステージ側がメインで描かれてるから相当なドリーマーは控える事をオススメします。通常くらいで好きって人なら普通に大丈夫だと思うけど。
夢を抱いて準社員として派遣されてきた後藤。その彼が消えたミッキーを探すために奔走したりして消えたミッキー事件は解決するんだけど、社員と準社員の確執だったりと格差がはっきりとそこにはあって仕事にもその格差のせいで制約が出てきたりとかなり面倒くさい職場だった。どんな会社もそういった事はあるんだろうけどこの話ではそれがどんな場面でもひっかかって思うように主人公は動けない。めんどうだなーと思いながら読んだけど正直主人公の後藤もちょっとめんどうくさい子ではあるよね。仕事初日から既に働いてる人にタメ口きいてる時点でこいつダメだろうと思ったんだけど。

ぼけーっとごきげんよう見てたらちゃんなかがー!ずっきーとわだのまーくんもいました。今日は和田がずっと話してた。ちゃんなかはデニムのハーパンでした。キャワー!!和田は実業団から芸能界に入ったいきさつを話してた。みんな年齢聞かれて「見えないー」と連呼されてたけどちゃんなかってハタチに見えるよねえ?ちゃんなかの時に見えないーといった人たちはいったい何歳に見えてるんだろう。明日はきっとずっきーだろうから月曜がちゃんなかかなーワクワク。

ジャージの二人

終始ゆる〜くゆる〜く進んでいて要所要所にくすりと笑えるシーンがたくさんあってゆる〜く楽しめる作品。堺さんは想像できるようにすごくいいんだけど父役の鮎川さんがすっごくいい。トマトのくだりとか寒いって言ったシーンとかすごいクスッと笑ってしまうシーンがたくさんある。ジャージを来てきたシーンもおもしろいよなー。迷子になってイノシシの看板見つけたシーンもいいし、実際イノシシの親子がいたってシーンもおもしろかった。息子の嫁はちょっとおかしな人だけどまあこの親子もおかしいしな。ドーンと大きな転機となるなにかがあるわけでもなくただただゆる〜く夏の山荘での生活が営まれているだけだから単調といえば単調。イビキかいて寝てる人いたし…迷惑でありえないけど…。この映画は出演者が好きだなと思ってる人に向いてる気がする。
個人的には小学校のジャージを大人がジャストサイズで着れてる事がおかしいと思ったww